閉じる

ARESのM110 EFCS ④チャンバー初弾の二重給弾対策、ほか試射

前回ピストンクラッシュした際、チャンバーの二重給弾が疑わしい、、、というかそれだろうけど。

チャンバーを加工して二重給弾を防ぎたい

ARESのM110 EFCS ③ピストンクラッシュとモーター配線用U字端子の作成

160連マガジンなので、スプリングが強いのかな?と思いつつ、マガジンをいじるのは面倒なのでパス

 

チャンバーの溝彫り

チャンバーをマガジンにあてがってみると、あっさり弾がポロロっと出てくる。

パッキンがないので当然だが、かなり勢いが良かった、、。

今回はチャンバ内T字の根元部分のBB弾が通る箇所へ溝を彫り、BB弾が引っかかるようにする。

溝を掘るといっても目検討では彫り過ぎになりそうなので、適当にガイドを作成しました。

ドリルは4mmを使用

チャンバーに突っ込んで削ります。

少し削ったら、後は手でゆっくり削る。プラなのでサクサク削れる。怖いけど

ある程度削ってはBB弾の収まり具合を確認引っかかって良い感じかもしれない、、、

メカボ側から見たところ。マガジンへBB弾をフル装填しても引っかかる!

これは確実に初弾の二重給弾が防げるな!

掃除して本体に組付けて、マガジン装填口から見たところ。くぼみが見えます。

これが弾道に影響あるか?というとあるようなないような、そもそもBBチャージャー内でも傷はいるしな~。

弾速はこんな感じ

ストックネジの破損

ようやく撃てるようになったぞ!と思って、組み上げて、ストックを取り付ける

ストックの固定はストック後端から長いネジを差し込んで固定するわけです。

ネジこんでいくと、、あれ?ネジ後端がポロリ、、、。

畜生!とりあえずはメタルロックで取り付けする。

植木の如く、2か所から支えて乾燥

おそるおそる回しながら取付できるようになりました。

なんとか強度(引っ張り強度)は大丈夫だが、ネジれには弱そう。 ※何度か取り付けし直したらまた取れました。

 

ガレージで試射

5月は天候が良く、ガレージではステーキを焼いたりして食べました。

弾道はダメダメでしたw散りすぎです。

M14並みにまとまるようにしたいけど、ノズルとチャンバー周りの調整が必要だな、、、。

 

他に、比較として東京マルイのM14とMk18で射撃しました。M14は弾ポロがたまに出るものの、概ね良好な弾道。

試射映像、途中Mk18も使用。さすが次世代といった低伸弾道でした。注意 135MBあります。

 

 

 

 

クラッシュ 3回目

弾道はクソだが、弾が出るのがうれしくてガシガシ撃っていたM110ですが、押しゴムを少し硬めにしたら安定するかな?

と思って押しゴムを交換しました^^)こんなの

撃つと、「ギャ!」という音が、、、あれ?と思って再度トリガーを引くと「カ!」という音が、、、、

またピストンクラッシュ?ギヤが破損した模様。0.28gの重量弾で調整してたので、ホップ掛け過ぎの弾詰まりかな。

 

再分解

中を分解するとこんな感じ、もう何回も分解して、各部のネジが弱まりつつある、、。

一番強度が弱いスパーギヤが削れてます^^)こんなもんかな。

交換すれば良いよね~っと思ってたら、、、

 

げ!セクターギヤ側も折れてる!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

これ、磁石が埋め込まれてて、、簡単に代用効きそうにないと思ったが、、、

なんだか、一通りのトラブルを体験してるような、、、。

続く↓

ARESのM110 EFCS ⑤セクターギヤ磁石取付、ノズル交換、ネジ溶接

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free