閉じる

S&T UMP 鬼ホップと2重給弾、チャンバー、バレル周りを交換

前回、メカボを調整して初速を上げたS&T UMP SMGですが、試射をしてみました。

ガンカメラはレイル直上にとりあえず取付し、弾道の様子を見る。

弾速はこんな感じ、いいんじゃないか?

鬼ホップと2重給弾

撃ってみると、全然ホップが掛からないなぁと思いつつ、ホップ最大にしたらば、鬼のようなホップ弾、そして撃ってる間は気づかなかったが、弾が2発同時に出ている。

これは大失敗だ!多分チャンバーパッキンがちゃんとはまっていないのではないか?

パッキン交換

良くわからないが、チャンバーパッキンを標準にしてみよう。

左がS&Tのもの、右がマルイ標準のもの よくわからないが、これで2重給弾が直った?(直ってなかった)

バレル交換

ついでにバレルの内部を掃除しよう、と思ったら、なんかバレルの赤いのがついてきた、、、うーm、内面が良くなさそう。

で、バレルを6.10Φのワイドボアバレルへ交換してみた。229mmでは長いので20mmぐらい短くする。

1時間ほどかけて、パイプを切断できた。硬かった!

面取りカッターのビットで削って先端の形状を整える。

適当に研磨したところ

チャンバーを組み込みます。

同じように組み込み

初速は下がりました。そして二重給弾が発生しない。(※後日再発しました。)

初速が下がったので試しにM100→M110へと強いバネを入れてみる。

初速が上がった。ホップ最大でこんな感じ。

0.25gでは85m/s超えるだろうと思ったが、超えないことも、、、うーむ初速が安定しない、、、。オーバーパワーになりそうなので元に戻しました。

コネクター変更

ついでにコネクターをXT30へ変更しました。

この製品にはヒューズがついてなかったので、ヒューズ(25A)を取付けた。

バッテリースペースへの収まり具合はこんな感じ

ちょっとはサイクルが上がるかな?と思ったけど大して変わらない、、、、。コードが良くないのかな、、、?

モーターを交換

思い切ってハイサイクルモーターへ変更してみた。

サイクルが上がった!Lipo 1100mah 30C 8.2V オーバーラン気味だが、カックンという戻りがあり、位置はだいたい同じ位置に戻る。戻りのカックンがあるのでキレは良くない。

LiFe 900mah 30C 9.9V でこんな感じ

いまさら外観比較

SMGは軽いなあ~と思いつつ、M4と比較してみると、、、。

バレル前方の長さは当然M4A1が長いが、使い勝手は大して変わらない気がしてきた。というのも、ストック部ではよっぽどUMPのほうが大きい。

CQBしたことないけど、左右のスイッチ動作をしてみると、ストックを短くできるM4のほうが切り替えがしやすい。

単に、銃の長さが小さければよいというわけでもなさそうだな、、。

そして見た目のわりに重い。前後のバランスは良好だが、プラとはいえ、強度を出すためか、それなりの厚みがあるから思うほど軽くない、、、。うーむ。

以上(2018/5/28記録) まだ続く

 

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free