閉じる

G&G MP5SD5をいじる③ 加速シリンダーの加工と流用

前回前配線にして一通りくんだものの、初速が低くて不満

バレルが短い(229mm)ほうなので加速シリンダーへ変更することにした。

G&G MP5SD5をいじる②メカボックス分解 配線変更

前回から、いろいろいじくってると、段々動かなくなり、FETは壊してしまい、FET無しで組み込んだり、ノズルをでんでんむしに変えたりして試していましたが、

やっぱり初速が低く、でんでんむしだと給弾が旨くいかなかった、、、。

ほか、配線はメカボ側にXT30コネクターを取り付けて、前配線と取り外ししやすい方法へ変更しました。

フルシリンダーのセッティングは難しい!

なので、加速シリンダーへ変更する。

ブローバックは活かしておきたいので、手持ちの加速シリンダーを加工して流用することにしました。

 

シリンダーの加工

万力に固定して、加工する。

金属用ドリルで穴は小さめにあけてエアロスを少なくします。

ブローバックの後退量は減るけど、ブローバックの目的はダミーボルトを「カシャコン」させて、電動ガンのモーター音の「ウィ!」という音を無くして気分良く撃ちたいのが目的なので^^)

穴のサイズは元々4mmほどあったけど2.4mmで加工

シリンダー後方のズレ止めの凹みもリューターと鉄ヤスリで加工

だいたい一緒になりました。

ノズルの破損と流用

分解時にノズルが破損してしまった( ;∀;)ので、適当なノズルを加工して流用しました。

先端にテーパーを掛けてるところ

ノズルは若干長めですが、タペットに固定してからハンダで溝を融かして回転しないようにし、下部を若干削りました。

仕上げは400番のペーパーがけをして、コンパウンドで磨く。

バネをアングスのハイサイクル用に変更 エアロスを考慮して、バレル長150mm以下のSSを使用します。

ピストンスピードだけで突き抜けたい!

後、ギヤ鳴きがうるさかったので、ベベルをマルイのハイサイ用に変更しました。

前配線を整理してET1の1400mahスティックが入るように変更。

 

初速計測

で、初速を測る。0.25gでこれだけ出れば十分っすね

サイクルはモーターはイナズマモーターを使用してこんな感じに^^

性能的にはOKだけども、、、、もうちょっとキレが欲しい!

続く

G&G MP5SD5をいじる④電子トリガーT238とブラシレスモーターの搭載

 

 

2022年3月記録

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free