閉じる

PEQ2型ガンカメラ⑧ボタンの修正

以前作成したPEQ2型ガンカメラですが、ボタンの出来が酷く、あまり使う気になれませんでした。

最初は一体型

その後分割型に

どちらも出来はいまいちでして、2番目の画像の状態で使ってましたが、メンテ等で内部フレームを外すたびにボタンの両面テープをはがさないといけないのが面倒臭すぎる。

また作り直しました。

 

ボタンの設計変更

ボタンを上下2分割式に変更する。

設計ではこんな感じの断面これを枠の部分で上下に分割して出力します。

 

出力して、ライターで炙ったのがこれ

もうちょっと炙ってみるとこんな感じにまあまあ見れる感じかな~^^)

で、これの裏に両面テープをベタッと全面に貼り、、

別パーツで出力したゴム板を中央にペタッと貼ります。

そうすると枠の部分だけに両面テープが残るので、、、

このように固定がしつつ、中のフレームも取り出せるようになりました(∩´∀`)∩ 単純な話ですけどね、、、。

 

その他改修

バッテリーボックス部分の金具受けの部品ですが、中央の凹みのところのサポート材を取るのが大変だったので、斜め方向の出力でサポート材の発生を回避できないか試してみました。

Ultimaker Curaで斜め45度に傾けて出力したのがこれいい感じにサポート材が発生しません^^)

出来ているのは背面の湾曲部のみ

見えないところは強度さえ出てれば適当でおっけいっす(゚∀゚)

ちょいちょい設計を修正して、元のバッテリーケースを加工せずに取付できるようになりました^^)

 

地味、、今更だけど、地味な作業です。毎日その繰り返しです。

以上 2021年6月記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free