閉じる

ウエアラブルカメラ SOOCOO C30購入と皮カバーを利用したブーニーハットへの取付

また、ウエアラブルカメラを買ってしまった、、、。SJCAMのM10が気に入っていたのだけども、頭に取り付ける際「前後の厚みが少ないほうが良いだろう」という今更な理由。

数ある格安ウエアラブルカメラからこれを選んだ理由

  • 4K撮影が可能
  • 1080pで60fpsの撮影が可能 →Novatek 96660
  • 音声ガイダンスがある。

音声ガイダンスがあるのは良い。

製品と付属品

箱の作りがなんか安っぽい、、、。SJCAMのほうが高級感があるね。

箱の中身は大きく2つに分かれており、片方膨らんでいる。中を見る前からアクセサリーてんこ盛りだという想像がつく自分は何かおかしい。

アクセサリーがてんこ盛りの中身たち。

手に取って確認。普通ですね。おもちゃのカメラみたいだ。

起動してみたら、SJCAMのM10と同じ音で起動した。中身のチップがNovatekで系列が一緒だからかな?

画面は大きくて見やすい。他のも一緒だろうけど。

バッテリーはSJCAMと同じ規格の模様。

別売りのレンズプロテクターをつけてみる。

頭部への取付検討

今回皮ケースを別途購入し、被せてみた。

うらにはクリップがついている。

クリップで取付てみた。クリップ形状が中央に膨らみがあり、ブーニーハットの帯部分にうまく固定できない。

付属のブラケットでは裏側のクリップ形状が良く、固定が旨くできる。

防水(被弾保護用)のケースに入れて、ヘルメットへ装着。収まりがいいね。実用重視と考えれば多少もっさりしててもいいかな。

カバーの改造とブーニーハットへの取付

ヘルメットへの取付は良いが、ブーニーハットへの取付はできるだけ軽くしたい。とはいえ、ブラケットで本体むき出しでは心もとないので皮カバーを使用して被弾時の保護として使いたい。

裏のクリップ形状がよろしくないので思い切って切り取り。

ボタン部との間のスペースを利用して、ブーニハットへ取付する。

こんな感じ。

これだと軽く、全体を保護できる。黒の合皮製カバーなので、取付時もあまり目立たないのも良い。

後部にモバイルバッテリーをつけてみた。

被るとこんな感じ。顔を下に向けないと正面に来ない、、、、。角度調整が難しいな。だいたい撮れればOKではあるけど。

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free