閉じる

モーターのピニオンギヤ交換

普段サバゲーで使っているARESのM110ですが、モーターのピニオンが摩耗していたので交換しました。

コミュテーターもボロボロ、電子トリガー搭載のM110のアクティブブレーキはなかなか激しいようです。

 

ススがすごいです。

先のほうがボロボロです。これは元々次世代M4につかっていたものを移植したもので、次世代M4のころにMOEグリップを使っており、当時の組込みが悪く、かなり変形してました。

今回、モーターのピニオンリムーバーを購入したので早速使ってみます。

使用したのはイーグル模型のもの

ギヤの歯をリムーバーの突起に引っかけて、ピンを押し込んでいけばピニオンが抜けるという仕組み

モーターが真っすぐになっているか様子を見つつゆっくり回しながら、グググっと抜けました。

簡単ですね。

分解するとこんな感じ。とモータータワーにはPOMの軸受けが入ってました。シンプル。

内部にグリスを軽く塗ります。

純正のピニオンを入手して、と思ったら売ってなかったので、代用でお店でお勧めしてくれたピニオンを使用します。

SHS守護神のピニオンです。

 

取付

今度はピニオンを押し込んで取り付けていきます。グググッと押し込んでいきます。

あれ?中途半端な位置で止まってしまった。

やり方を間違えてました。

モーターエンド側にピンのある方に変更しないと途中で止まってしまうようです。

ピンをモーターエンド側の軸にしっかり当てて再度ギヤを押し込んでいきます。

深めに入りました。

深めに入れると、今度はモータータワーがきつくなってしまいました。動きが渋いです、、、。失敗ですね。

位置を調整して、最終的にこの状態へ

元々軸が前後に動くので、モータータワとの隙間を作りました。

モーターを収めて完了!

一通り失敗して使い方が掴めてきました^^)他のモーターも削れて来たらピニオン交換してもよいな~。

 

そのほか

冬場になって、M110の初速がだいぶん下がりました。調べてみるとピストンの気密が無くなっており、ピストンリングを交換しました。

後方吸気式にしても前面に結構なちりやほこりが付着しています。

ピストンリングはOrgaのワイドボアシリンダー専用品の為、普通のリングが使えず、専用品を発注して交換

Gグリースを使ってけど、グリスとピストンリングの相性が悪くて縮んだとかだろうか?

今回は若干レスポンスは落ちるものの、普通にシリコングリスを塗ることにしました。

 

組み込み後に初速をチェック

組込み当時より初速が下がって0.25弾で84m/sぐらいでした。以前は85~86だったけど、ピストンスピードが若干悪くなったかも、、、

メカボを弄るのは楽しいけど、何度もするもんじゃないな~。

性能や異音がしたらメンテの合図と思いつつ、これからも使っていこうと思います。

イーグル模型のピニオンリムーバを初めて使いましたが、普通に使いやすかったです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free