閉じる

QNAP NASのファームウエア更新

このWebサイトはQNAPのNAS上で稼働している非力なものですが、WordpressからPHPのバージョンが古いよ!という警告が出たので、ファームウエアを更新することにした。

QNAPのPHPバージョンを確認する。

現在のファームウエアは 4.3.6.0993  2019/07/05でした。

PHPのバージョンは多分PHP5だったろうなぁ、、、と思いつつ確認する。

QNAPのWebフォルダへテキストエディタでphpファイルを作成して配置

ファイル名 ※なんでもよい

phpinfo.php 。

テキスト

<?php phpinfo(); ?>

Webサーバのアドレス+ファイル名にアクセス

うーん、古いねぇ。

 

PHP7への移行

PHP7へ移行するにはApacheを置き換えになるのかなぁ、、、と思いつつSSH接続を試したりした。

コンパネからSSHを有効にして、、、、

Windows のコマンドプロンプトからアクセスしてみたりしたが、、、

<メモ>
C:Usersユーザー>ssh -l admin IPアドレス
admin@IPアドレス‘s password:
Permission denied, please try again. ←パス間違い
admin@IPアドレス‘s password:
[~] # [~] # ←ログイン成功
[~] # pwd ←現在のディレクトリの場所を確認
/root     ←rootディレクトリだった
[~] # cd .. ←ディレクトリを一つ上の階層へ移動
[/] # pwd ←現在のディレクトリの場所を確認
/     ←rootの上のフォルダ(何もない)
[/] # ls  ←現在の場所でのディレクトリとファイルを確認
bin/         flashfs_tmp/ lib/         new_root/    proc/        sbin/        tmp/
dev/         hd_root_tmp@ linuxrc@     opt/         root/        share/       usr/
etc/         home/        mnt/         php.ini@     rpc/         sys/         var/
[/] #

やっぱLinuxコマンドでゴリゴリするのは危険なので止めた。

 

QNAPファームウエアの更新

なんかいい方法ないかな?と思ってQNAPのサイトで最新のファームを探していたら、Beta版でPHP7になっている模様、、、

やってみっか! ※失敗したらUSBで書き換えするらしいけど。

注意事項として、4.4系へ以前のに戻せません、使えないアプリ(Posgreなど)がたくさんあります。

共有フォルダとDLNAとWebサーバしか使ってない自分には関係なさそうなのでやってみる。

更新作業

更新前にアプリやサービスを停止して再起動

最新のものはBeta版だったので、Beta版のダウンロードを有効にする。

新機能の案内がでるので続行 ※画面撮り忘れ

始まった、、ドキドキ

どきどき

 

普通に終わりました。再起動します。

 

無事起動完了 Webサーバを起動してと、、

アプリも再度立ち上げる。新しいアプリが出来てた。※ほとんど使っていない。

PHPバージョンを確認。PHPが新しくなると嬉しいね。

GTMetrixの比較

トップページに変化はなし。

変更前 PHP5

変更後 PHP7

ただキャッシュされた静的ページなら変わるわけないね。

劇的に変わったのはWordPressの動作そのものがサクサクになりました。

画像アップロード時のサムネイル作成も早くなったし、メニュー画面も安定して使えるようになった^o^)

こんな感じ、前は一つの動作毎に一拍置いて反映されてました。

PHP7っていいね。

以上 2019/09/21記録

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free