閉じる

ICS IK74 メカボ調整後の試射

前回メカボックスの部品を組み替えた。今回、試射を記録する。

ICS IK74 メカボックス分解、組替

ガンカメラの取付

外装がどノーマルのAKですのでレイルが無く、バレルマウントで行います。

カメラ用のモバイルバッテリーはハンドガード上部にスペースがあり、収納できました。※フォールディングストックのAKはここにバッテリーを収納する模様です。次世代のマルイと一緒ですね、、、。

ネジを頭の薄いものに変更し、モバイルバッテリーが収まるようにしています。

追記(2/28)

後日、試射を行いました。

スコープなしのアイアンサイトで約30m先のターゲットを狙う。ガンカメラはHX-A1H35mmレンズを使用。

ホップが掛かりはじめが30mくらいかな?ホップが強すぎの様子。

腕前の問題でもありますが、アイアンサイトはつらい。

更に後日

その後、サイドレイルを購入して、スコープで遠距離射撃

修理した foxeer legend2 35mmレンズを使用。40m先はなんとか当てられる?というより、当たったという感じです。

すぐ適当に撃ちだす。

総評

ICSのAKは(他のメーカのAKを知らないけど)作りがしっかりしていて、カッチリとしています。

各部品の嵌め合わせも良く考えられており、前評判通りに良いメーカだと感じました。ICSのAPEなんか欲しくなるなぁ。

特にバレル固定部分は次世代M4等のバレルナットでガッチリ締め付けという感じではなく、部品のかみ合わせをしっかりしているように感じました。

バレル基部の強度はマルイの89式並みだと思います。

また、分解するネジ数は少なく、各部品は非常に良く考えられた作りです。ICSはYoutubeでも説明があるのでとても助かります。

もった感じでは89式にバランスが似ていて、89式よりやや軽いといった感じで、取り回しは良好です。

前後重心位置(重い場所)はM4より広く、振り回しやすさはM4のほうが良好です。

なんというか、M4はグリップとマガジンに重さが集中しているが、AKはグリップとハンドガード前側に重みがあると言ったらいいかな、、、、。

逆に言えば、M4のほうがガスブロックが無い分だけ軽いといった印象です。実銃ではないけどレシーバーもメタルなので、バランスも似てくるのかな?

いずれにせよキッチリ作り込んでいる感じがして、弾道も期待できそうです。

私の中のスタンダードAK74として使い倒したいところです。でもっていつかは次世代のM4の位置に近いAK102とかにも手を出したいなぁ。あれ?何かがおかしい。

以上(2/24記録、2/28追記)

↓バレルも交換しました。

ICS IK74 バレル交換

Hits: 2

関連する記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

最近の投稿

© 2019 DAG kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.