Close

ガンキャビネット作り 背板とか

3/11~3/21の週末DIYでガンキャビネットの部品をいろいろ制作しているが、まだ出来そうにない。

途中経過の状況を整理しておく。画像を引っ張る為、amazonアソシエイト?というのに登録して検討したものを表示しています。

ガンキャビネットの自作について

平和な日本に家具として家具屋に「ガンキャビネット」というカテゴリーは存在しない。輸入ものの木製ガンキャビネットは高い。
amazonで見つけたもの。デカい鉄製のものとか ガンキャビネットに使えそうなワードローブとかもある。
 

※↑amazonへのリンクです。

自分が持っているエアガンをずらっと並べたいので幅が広いものが良い。なので今回自作している。まだ出来てないけど、、、

妄想イメージ図

こういうのが欲しい!SketchUp 2017というソフトを使って設計。

右にずらりとエアガンが並んで選り取り見取りなイメージ。

 

エアガンを取り出したら手前のテーブルの上に置いて、スコープやマウントやガンカメラを取付たり、セッティングするスペースがある。

左側はヘルメットやカメラや道具類があり、セッティングされたエアガンの弾速を計る試射用の箱を設置したい。

上部は普段使わない予備品置き場。

下部は道具箱の形式で機関銃を収納する。つもり。こんなのが出来ればいいなあ。

※↑amazonへのリンクです。

 

材料について

当初は30mm厚のパイン材を使えないか検討しましたが、高い。そして重い。25mmでも500mm×1800程度でも10kg以上する。

中が中空で外側がフレームになっているフラッシュパネルというのは軽いけど、内部にビス止めで棚やフックを掛ける予定なので、表面の薄い板は頼りなく却下。
 

※↑amazonへのリンクです。

費用を抑える為に杉板の荒材を使用し、フレーム構造をベースにして重量を抑える。

45mm角のフレームに30mm厚の補助、フレーム材を取付し、そこへ15mmの板を嵌めてツラを合わせるというやり方。

あと、箱ものの家具で45mm角のフレームなんてあまりない。ソファーの足とかテーブルの脚ぐらいかな?だいたい中空合板で厚さは大きくても38mmぐらいかな?

以前制作した机(プラモ製作用作業机の製作)は36mm角で十分な強度だったが、今回は重量物が載ることと、上記の組み合わせがしやすいので45mm=30+15mmにした。

38mm=30mm+8mm合板でもよかった気もする。

  • 構造用 45mm角×1980  30×45mm角の杉
  • 補助用 30×30mm角
  • 背板  厚み15mm幅150mmの杉

いずれもホームセンターで安く入手しやすい。

多分だけど、、制作後に乾燥し、痩せて隙間とか開きそう。その辺はどうなるか不安だがまあいいや。

 

関連する記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.