閉じる

グロック18Cへのサイレンサー取付

マルイの電動グロック18C サイドアームとしてスリムな銃

これにサイレンサーをつけたい。けれども大掛かりなアタッチメントはつけたくない。という思いから、銃口にタップを行い、マズルアダプターで取付できないか検討

使用するのはWETECH製グロック用のサイレンサーアダプター。同社製グロックの銃口部にはネジが切ってあるのでそのまま取付が可能。

 

タップ立て(失敗)

銃口には当然ネジ山が切られていない。タップしたらどうかな?と思い、タップを購入M11×1mm

ゴリゴリ削るようにタップを立てていく。プラは柔らかい。

タップを行った後がこれ、、、前半部が一緒に削れて山が無くなっている。

径やピッチが合っているものの、アダプターのネジ山が短いこともあり、かなりスカスカ。

アダプターの外周がバレルより太くて、スライド部が取付できなかったので、ヤスリで削っている(銀色のところ)

良く考えていなかったが、バレルの先端もはめ込みで固定するようになっていたのを一緒に削ってしまったため、バレルが固定されない状態になってしまった。

アルミの端材をあてがって固定する。

バレルの先端にアルミテープを貼り、収まり具合を調整

スライドのバレルと干渉する部分も削って拡げた。

アダプターの周り止めにアルミテープを巻いてみる。

スライドをつけるとアルミテープの厚みで引っかかる。一旦サイレンサーを取付たが、強度が低い。

何度かサイレンサーをつけたりしていると、タップしたネジ山が削れて効かなくなり、取付できなくなった、、、、。プラ素材のネジ山は弱い。

 

イモネジで固定

結局取付の強度を出す為に、イモネジで固定するようにしました。

イモネジの固定は3か所あれば充分な様子。

サイレンサーを取付

マルイのショートサイレンサーを使ってみる。取付れば見た目は問題なさそう。

何もつけない場合はネジ山のけずれた銃口が恰好悪いので、マシンピストルの雰囲気をあてにして、あまったM4のハイダーを取付ておいた。

感想

なんとか取付はできた。、ただ、つけない場合は恰好が悪い。コンパクトさが薄れた。うーむ、、、。

以上(2/27記録)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。