Close

G3A3ハンドガードをRASへ交換

G3A3のハンドガードが壊れてしまい、ハンドガードを交換。RASハンドガードをつけてみました。

ノーマルのハンドガードの基部の出っ張りの部分がぽっきりと折れてます。使えないことはないけど難ありです。

安いRASを探すこと半年、AliExpressで4,000円切ったところでようやく発注しました。珍しく10日ほどで到着。素晴らしい。

開封と同時に「金属の匂い」がします。あちらは水だけでなく、空気まで硬いのかもしれないと思った。

よくわからないけど型番を撮っておく。

 

とりあえず古いハンドガードの収納先として使用。

取付前の観察。ネジが2種類3本。後ろの2本はバレル上部のプラフレームと干渉しそう。前方のが太い。

試しに取り付けようとするが、、、サイズが合わない。こんなもんだろうね。

ルータで削ります。

削って、磨いて

無理矢理はめたところ。

RAS側だけでなく、本体側のプラフレーム部も削りました。カッターでざっくり切って、手ヤスリとルーターで整える。

本体レシーバー側にある突起も削りました。

RASに干渉する部分は塗装が剥げているところでした。

RAS側で削ったところ、白棒で磨いて滑りをスムーズにします。

かなりキツキツの状態ですが、ハンマーで叩き込みました。

取付用ボルトを入れます。

ボルトが太いため、これ一本と後部の引っかかりで固定は十分そうでした。

早速いろいろつけてみて上から見たところ。 太い!レシーバ基部が太いから仕方がないかな。

やはりレイルがあるといろんな位置で取付が可能で、便利だな、と思いました。

感想

ハンドガードを持つ場合は手が痛いので、皮手袋が必要かと思います。

もっとうまいやり方が無かったかな~と思いつつ。レールハンドガードの便利さを実感しました。

横から見ると違和感は無いが、、、

重たいなぁ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.