閉じる

アルミの黒染め(失敗)

アルミの黒染めを行った。

アルミテープを貼っているガンカメラのカバーだが、色を塗るかどうにかしたいと考えて、アルミの黒染めでどうにかできないかやってみた。

まずは89式のハンドガードに取付ているアルミ合金のレイルの端部を染めてみます。

パッケージを空けます。シールをカッターで除去しました。

アルミ合金のレイルに筆で塗ります。

あまり染まっているように見えませんが、黒くなっているところはしっかり黒くなっている様子。

これは先日作成したガンカメラのカバーです。アルミを腐食しながら染めていくため、シミのような染まりかたをします。

反応が進むように、ポリ袋に入れました。一気に真っ黒に!

いけるんじゃないか?

泡が立っていたのでティッシュで吹いてみたら、、、あっさり黒の染料が取れた。

じっくり反応させたほうがいいのかな? パッケージのカバーを反応用の舟にする。

なかなかいい感じかな?

アルミテープを貼ったガンカメラ(HX-A1H 50mmレンズ改)

これも舟にドボンといれてクルクルと回す。

だんだん染まってきた。

5分ほどでほぼ真っ黒になった。

レイルの端部は綺麗に染まった様子。

25mm、50mm、35mmの各レンズ用のカバーが黒く腐食させて真っ黒になった。

これをこのままにしておくと、腐食が進行するので、薬剤を洗い流す必要がある。まずタッパに入れて。

水道水で洗い流します。

これで薬剤もさっぱり、、、あれれ? なんだかスになっているというか、、色が落ちてる。

うーむ、タイミングがまずかったのかな、、、、もう一回染めてみて、、

もっかい洗うと? ダメだった。これを何度も繰り返せばうまくいくような気がしない。何かが間違っていると思う。

んで、めんどくせーから結局アクリル塗料を塗ることにした。

一回目の塗り。アクリル塗料のためか、スゥっと塗料がしみこんでいきます。

2度塗りが完了したもの。少しツヤがあっていい感じかな?

レンズガードに両面テープを貼って

カバーに取付ます。

出来ました。

M4にガンカメラを装着 25mm用のカバーもつけて見た目も良し。

いい感じになったかな?

道具箱に収めて

ガンケースに合わせて収めます。話が逸れますが、11月の出張に合わせて関東でサバゲーを予定しており、その準備です。

その後

ボロボロに剥げました(–,)

普通に塗装したほうが良いかもね。

 

以上

 

Hits: 37

関連する記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

最近の投稿

© 2019 DAG kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.