M14 EG 1000S モーターへの交換

M14のレスポンス向上を目指し、モーターを交換する。

本体をばらします。ロックを解除

ストックから抜いたところ

トリガー用のスプリングを外し、トルクスネジ T10でモーターハウジングの根元のネジ2本を抜きます。

モーターハウジングを外したところ

ハウジングのガワのネジを外します。

マルイの無印のモーター(EG700らしい)が見えました。モーター位置調整用の扇形の何かがついてます。

お役目ご苦労様です。この擦れた後は何だろう?

EG1000へSBDを装着しておきます。

モーターを比較して本体サイズとギヤの位置を確認。ほぼ一緒。モーター位置の調整は大きくなさそう。

組み込んでいきます。元のプラスとマイナスの位置と同じように取付。

本体を押し込みながらモーター位置調整用の

ハウジングへ組み込み。ねじ止め剤をネジ周囲に塗布。

ギヤに高粘度グリスを塗る。

メカボ側。特に異常なし。ちょっとグリスが垂れている。

モーターハウジングを取付

トリガーのスプリングを取付

配線を接続

バッテリーをつないでレスポンスを確認する。ET-1 Lipo 7.4V 1400mah 使用。少しは良くなったかな。

720p 5MB

ついでの作業 ガスブロック部についてるラバーの糊が溶け出している。

ラバーが外れないよう、アルミテープで固定した。

本体をストックにはめ込んで

ロックして完了

テスト射撃

テスト射撃を行う。

弾は0.25 g弾

 

HX-A1H 35mm 720pで撮影

 

より拡大して表示

legend2 35mm 1080p 60fps narrow 設定で撮影。画面下にアイアンサイトが白くぼやけている。

総評

EG1000ではこんなもんだろうというレスポンス。サマリウムコバルトモーターみたいに、お?とは感じなかった。

これ以上はメカボの中をメンテしてからだろうけど、めんどくさいのでいじらずこのまま使いたい。

以上

3 thoughts on “M14 EG 1000S モーターへの交換”

Leave a Reply

Your email address will not be published.