小さなSBD(SB160orSR160)の取付

AliExpressに頼んでから約3週間掛かって希望のSBDが届いた。

ICSのサイトで紹介されていたモーター内にSBDを取付する方法を試しに行った。

方法はシンプル、モーターのロータと本体カバーの隙間にSBDを取り付けるという方法。

しかもSBDの端子を直接ネジ止めする。ネジは外さず緩めるだけ。よってモータ内への脱落という事故も防げる。

素晴らしい方法だ!と思って自分でやってみた。

んで、SB160をamazonや秋月通商等でググるが見つからない、ICSが推奨するSBDはSB160とかの型式で60V1Aというもの。

AliExpressでは見つかった。1個10円もしない値段であったので20個ほど購入。安すすぎて不安。

んで、届くまで3週間かかるという遅さ。

モノは普通の郵送で簡単なエアパッキンで包まれて到着しました。

取付

SBD本体は非常に小さい。2.7Φ×4mmだったっけね。

ICSの取付動画を参考にしながらSBD本体の場所を決定。脚がそのままネジまで届きそうな位置で、且つ端子がローターに短絡しないように注意

取付に使用するビスを脚の太さ分だけ緩めておく。

マイナスへまげて取付。この足は指で簡単に曲がった。

ローターに干渉しないかチェック

プラス側にも取付

ばね部分の動作の邪魔にならないか確認。

んで取付完了。予想はしてたけど呆気なすぎて、おしまい。多分大丈夫でしょw

Leave a Reply

Your email address will not be published.