ガンカメラ用モバイルバッテリーをハンドガードに収納 M4、タボール21

ガンカメラを使用する際、モバイルバッテリーへ繋いで稼働時間を稼ぐことになるが、レイル上面に載せると重心位置が高くなってしまうことや、見た目も邪魔くさくなってしまうので、できるだけ本体に収納したいところ。

M14についてはストック内に収納できるようになった。

M14 モバイルバッテリーの本体収納

これと同様にM4A1もハンドガードに収納できればなあ、と小さめのモバイルバッテリーを探してたのですが、ようやく見つかりました。

直径が20mmで長さが85mmのモバイルバッテリーをamazonで買った。容量が2600mAhで少な目。

http://amzn.asia/95FgJRi

リップケース?に入ってくる。

ニッ水の純正バッテリーと比べてこんな感じ。手前の薄型のLipoバッテリーと一緒に使用する。

M4のハンドガードにこんな風に収めて下部の通気孔から配線を出します。

ハンドガードに装着。上部からバレル横に空いたスペースを確認。

ここにLopoバッテリーを入れればおk

これで外にモバイルバッテリーを露出しないで済む(・∀・)

同じくハンドガードにバッテリーを入れるタボールにもやってみた。ギリギリ入る。

配線はバレルとハンドガードの隙間から出して接続 うん、すっきりしていいね。

以上

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.