閉じる

ブーニーハットへのウエアラブルカメラの取付を考える

ウエアラブルカメラをヘルメットへ取り付けるとしっかりと固定はできるが、頭が重くなるのが気になった。やっぱりブーニーハットでの取付を考えてみる。

以前、付属のクリップで取付できるのが分かった。 ⇒mich2000ヘルメットへのNVGマウント取付

やっぱりむき出しよりカバーがあったほうが安心なのでマウントを自作することにした。

できたのがこれ。アルミの1mm厚の板をペンチと手でまげて制作。

こんな感じでブーニーハットの枠?に取付。

脱落防止にマジックテープで固定してみるも、帽子側からあっさり外れた。

収まりはいいけどマジックテープが土台から外れてしまった。

結局、作成したアルミ板の端部を折り返して抜けないようにした。

これなら大丈夫そうだな。

ゴーグルをつけるとゴーグルの上に乗っかってくれるので思うほど揺れません。

自己満足だがまあいいかな、、、と。

以上

 

Hits: 15

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

最近の投稿

© 2019 DAG kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.