閉じる

MP44タイトバレルの装着

いろいろいじるたびにおかしくなる、、、、

MP44へタイトバレルを装着

タイトバレルを使うと初速が変わるか試してみたいと思い、バレルを変更。

長さは433mm 上が標準 約450mm

交換して初速を測る。0.20gで90m/sオーバで良し。

サイクルもいい感じだが、初速が安定しない。

0.25gで弾詰まり発生。セミにすると特に詰まりやすい様子。とりあえずチャンバーにオイルを塗りたくる。昔のテフロンオイルを使ったが、、

フルオートでなんとか出る程度だが初速が、、ふん詰まりだね。

弾づまりの原因

ノズルの確認まっすぐチャンバーに当たっていないためか、スリキズ多数。このゴミで詰まったかな?あとノズルの動きが悪いため初速が安定しない模様。

きれいにして再装着。0.25gだとやっぱり詰まる。弾が湿気で変形したのかな?とりあえず手持ちの0.25g弾での使用はやめよう。

あと、このメカボはハイサイ用モータを使用しているためか、オーバーランが必ず発生する。セミで1.5回分ほど動く。

バネが経たってしまうことは間違いない。が、いったんタイトバレルの弾道確認を行いながら対策を練ろう。

セミで指をひっかけるようにほんの少しモーターを回すとちょうどよくなるが、微妙。

バランス調整ができていない、、、、

  • チャンバー位置
  • タペットの前進不足、位置調整?
  • オーバーランをどうするか?

難しいなぁ、、、

サバゲにて

1/22 寒い中参加 シューティングレンジで試射。弾道は素直でよい。ドットサイトの調整もOk。しかし弾づまり発生。

シリコンスプレー吹いたら治ったが、フィールドで即弾づまり、ごまかしてもだめだね。結局使えなかった。

結局M4で頑張りました。軽いし楽でした。

こういう時に複数の銃があると助かりますな。

1/23

チャンバーのノズルが入るところをピカールで面取りし、スムーズに動くようにして、ノズルをver2用シーリングノズルに交換したところ、あっさり直った。0.25g弾でも問題なし。

どうもチャンバーとノズルの干渉でノズルの前進不良が起きていた模様。

あたりの調整で先端削ってたのがまずかったかも。左が先端を削って給弾不良を起こしたノズル。

チャンバー廻りは難しいねぇ。取付時にはノズルの遊びを確保できるようにゆっくりとネジを締め、じんわりと取付した。

初速が若干落ちたけど0.2g時にだいたい90m/s近く出てれば充分かな。

1/27 ターゲットを撃ってみた。

HD 14MB

なんかやる気が出てきた。次のサバゲが楽しみ

© 2016 DAG Kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.