閉じる

MP44、FET再作成

FETを壊してしまったので再作成。

前回 MP44_SBD再作成、FET折れた、シリンダー付かなかった。

ストック側の配置ではバッテリーの配線と干渉して邪魔だったので取付位置を変えることにした。

アルミ板でこんなものを作って。

レシーバ前方の空スペースに入るか確認。なんとかいけそうやね。

今回は基盤に取付し、壊れにくくします。

表側はこんな感じ

裏側はこんな感じ、ゲートとソース間のコンデンサを隙間に入れてます。

配線をハンダ付けします。上から

  • ゲート(バッテリーのプラスから分岐)
  • ドレイン(モーター側マイナス)
  • ソース(バッテリー側マイナス)

絶縁の為、基盤全体を収縮チューブで保護します。

絶縁シート→アルミ板→放熱版をプラネジで固定

このままではFETの足に負担がかかるので配線と基盤が動かないようにタイラップで締め上げる。

完成したところ、いい感じのできになったかな。

ロアレシーバに仮止めしてみたとこ。ちと配線のスペースが足りないかな。

今回はベアリングの軸ぶれが確認できたので、軸受けもメタルへ交換します。

メカボを洗浄し、レール部分とタペットプレート部分をピカールで磨きました。

FETの配線はこんな感じで検討。

メカボ↔FET間に配線のスペースが足りないのでギリギリサイズの配線になりそう。

続く

Hits: 61

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2020 DAG kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.