閉じる

SW-HUB購入 EHC-G08MN-HJB

LAN配線の分岐をお古のルータから普通のハブへ変更した。

我家のLANは1階へ光配線と無線ルータがあり、2階へLANケーブルを回して、ルータのおさがりで分岐をしている。

2階にメインPCがあるが、どうもネットワークが引っかかるので普通のスイッチングハブへ変更。

排熱が気になるため、筐体は鉄製を選んだ。電源内臓なのもよいし、熱にも強い。

スイッチングハブ(左)とお下がりの無線ルータ(右)
スイッチングハブ(左)とお下がりの無線ルータ(右)

設置状態

こんな感じで置いた。配線が多すぎて機器の後ろは見苦しい。

IMG_20160403_000922

台を置いて設置完了。このテーブルはただ置いてるだけでプリンタの重みでずれないようになっている置きテーブル

_MG_2588

何か変わったか?

→何も変わらなかったように思う。なんとなくスムーズになったかなぁという程度と、ハブが鉄製カバーなのでよく冷えるなぁくらい。

気持の問題でしかないが、お下がりのハブの不安要素を消せたのでまあいいや。

ついでにハブ越しにアクセスしたTS-220のベンチマークを張っておく。

20160403QNAP_TS220のRW速度

遅い。TS-220はこんなもんらしいし、たいして変化なし。

特筆することは なにもない。ただ、そんだけの備忘録。

参考)内蔵HDDのベンチマーク

HDD 3TBを購入。あたりはずれがあるとかないとかどーとかのHDDを測ってみる。

購入したHDDの状態

7200回転だと普通のスピードかな?

20160403内臓HDDのベンチマーク

いあ、速いなこれ。今更感心した。はずれませんように、、、。この巫女さん?におみくじが当たるようにお願いしておけばOKかもね。

Hits: 17

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

最近の投稿

© 2019 DAG kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.