閉じる

スバル360 ゴム部品の補修 補修材を使ってみる。

 

以前取り外したフェンダーミラーのベースゴムは劣化してボロボロです。

これはもう、型を作ってなにかでできないかな?と思って、ゴム補修材を使ってみることにした。

ベースの作成

型を作るに際して、現状のものはボロボロなので、何かで造形しないといけない。

1mm厚のゴム板を買ってきて、細く短冊に切り出して、本体にはめてみる。

アルミテープをあてがって、

ひっくり返して抜く。

端部を切りとばして、

さらに周囲を囲って

こんな感じにして、

似たような形に切り出した、1mm厚のゴム(天然ゴム)ベースの板を当てる。

で、これを使う。

このベースの型になったものに、ゴムを塗り付ければそのまま枠になるんじゃないか?

そう思って、不要になったクリアファイルの上でゴムを塗っていく。

が、いつまでたっても壁はできないし、すぐにペリペリっと剥がれてしまう、、。

成分を見てみると、、、有機溶剤71%ざっくり、3分の1に肉痩せするってことか、、、。で、天然ゴムとは全然くっつかない。

うーむ、今回は使えなかった。

 

以上。失敗(12/16記)

Hits: 3

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

最近の投稿

© 2019 DAG kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.