閉じる

スバル360 右フロントフェンダー溶接 端部取付ステー部

前回 フロントフェンダーを取り外したところ

ウインカーフラッシャー部はブツっぽい膨らみなどを慣らしたところ。キリがないのでこのぐらいにしとく。

フェンダー上のミラー取付部分はミラーに何度か体をぶつけてしまい、へこんでます。

当て金を使用して裏から叩きだす。

だいぶよくなったかな?

フェンダーアーチ部取付ステーの溶接

今回、前回の取り外した際に金切りばさみで切った取付ステー部分を修復するため、突き合せ溶接に挑戦する。

こんな感じで大きさを決める。

取り合えず、磁石で仮置きする。段差が出にくくなるので便利

imax60 を30Aぐらいで 1.4mmのアーク棒を捨て板で事前に何度もスパークさせ、線香花火のようになった先端が冷える前に患部に近づけるとアークに失敗しない。

真っ赤になった先端を近づけてアークしたら穴が空かないように瞬時に離せば、、、なんとか穴が空かない。

ただ、溶け込みが不十分だったりするのでただ穴を埋めるだけ。スラグが多い、、、。

スラグを除いたらこんな感じ

案外いい感じかも?と思ったのも束の間、早速穴を空けてしまった。。。。やっぱり0.6mm厚は難しい、、、。

何度か挑戦するも、埋めては穴が空きを繰り返す。穴の裏側に板をあてがうと、穴が空きにくい。

固定に使用した磁石にまでスパークし、磁石は溶接の熱により磁力を失ってしまった模様、、、。

平らに削っては、、、

盛ってみたり、削ったりを繰り返す。

裏に鉄板をあてがって何とか穴がだいたいふさがった、溶け込み不良が多いな。

0.6mmは難しい。半分以上溶棒に置き換わってしまった。

フロントバンパー部のステーを溶接

0.8mm厚の鉄板を使用して取付する。↓は磁石を裏から貼って仮止めしているところ。

前述の線香花火状態で溶接する。

元々のバンバーステーへの取付状態を確認。少し長いけども、まあいいか。

ベルトサンダーで仕上げ

なんとかOK

角度はライト部とほぼ平行になっており、問題なさそう。

他、フロントフェンダーのドア部分にサビがあった。

削っていったら貫通したw

裏からみたところ

次はここの溶接かな(12/15記)

Hits: 3

関連する記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

最近の投稿

© 2019 DAG kfz222 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.